フリスの伝達公式(電波伝送公式)

フリスの伝達公式は、まず、次の式から覚える。受信点の電力密度を求める式。
$$ W_{r}=\frac{G_{T}P_{T}}{4\pi d^{2}} \qquad [W/m^{2}]$$
それと、実行面積の積が受信電力となる。
$$ \begin{eqnarray} P_{R} & = & W_{R}A_{R} \\
& = & \frac{G_{T}P_{T}}{4\pi d^{2}} \times \frac{\lambda ^{2}}{4\pi}G_{R}
\end{eqnarray}$$
実効面積は等方性アンテナの実効面積(これも覚えること)であり、それに受信アンテナの絶対利得をかけている。ここから、フリスの伝達公式が導き出される。
$$ P_{R}= \left(\frac{\lambda}{4\pi d} \right)^{2}G_{T}G_{R}P_{T} $$